避妊(不妊)・去勢手術

避妊(不妊)・去勢手術

避妊(不妊)・去勢手術を行うかどうかに関しては、迷われる方もいらっしゃると思いますが、手術を行ったメリットがデメリットを上回ると考えます。

わんちゃん

メリット

・寿命の延長

・問題行動の抑制(マーキング、マウンティングなど)

・望まない妊娠、出産を防ぐ

・性ホルモンに関連した病気の予防

雄の場合、前立腺肥大症、精巣腫瘍、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫など。

雌の場合、子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など。

デメリット

・肥満とそれに関連する様々な問題。

・性別、犬種によっては考慮すべき事があります。

時期

一般的には生後6か月齢頃と言われますが、性別、犬種によっては時期を調整したほうが良い場合があります。

ねこちゃん

メリット

・寿命の延長

・咬傷、外傷、感染症のリスクの減少

・問題行動の抑制(スプレー、マウンティングなど)

・望まない妊娠、出産を防ぐ

・卵巣・子宮疾患の予防(♀)

・乳癌のリスクの減少(♀)

デメリット

・肥満とそれに関連する様々な問題。

時期

一般的には生後6か月齢頃と言われますが、それより早期に実施する場合もあります。(性成熟前が望ましい)

最後に・・・

※避妊(不妊)手術、去勢手術ともに方法がいくつかありますが、どの方法でも大きな差はありません。基本的に去勢手術は当日、避妊(不妊)手術は次の日の退院になります。

関連記事

  1. 犬・猫の慢性腎臓病(CKD)

    犬・猫の慢性腎臓病(CKD)

  2. 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症

  3. クッシング症候群

    クッシング症候群

  4. 猫の甲状腺機能亢進症

    猫の甲状腺機能亢進症

  5. てんかん発作

    てんかん発作

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事一覧

PAGE TOP